熱海の貫一お宮の像


海と山に囲まれて温泉地としても有名な熱海。
熱海
にはお土産物屋が多く、美味しい海の幸や熱海スイーツを求めて連日たくさんの観光客でにぎわっています。

種類も豊富な熱海土産の中で、『A-Plus』という熱海ブランドがあるのをご存知でしょうか。
熱海の地域活性化、イメージアップになる数々のお土産が『A-Plus』に認定されています。

A-Plus』の全ての商品はご紹介しきれないので、その中から6つ、熱海らしくて喜ばれるお土産をご紹介します。

熱海ブランド『A-Plus』とは



熱海ブランドA-Plus』とは、熱海らしい魅力ある地元商品を熱海ブランドとして認定して全国に情報発信していくため、熱海商工会議所が立ち上げた事業です。

熱海ブランドA-Plus』に認定された商品は、全て熱海市内で生産加工されている食品です。
熱海の地域活性化、イメージアップになる商品、熱海のお土産としても素晴らしい商品が『A-Plus』に認定されています。

選定基準
熱海市内で生産、または加工されている食品で、多くの著名人や文人墨客に好まれた歴史や物語をもつもの、あるいは良質な原材料を吟味、使用して新たに開発したこだわりの商品。

土産物店に掲げられた「ATAMI COLLECTION A-PLUS」ののぼり旗が熱海ブランドの証です。

熱海駅の駅ビル「ラスカ熱海」には、「熱海コレクションA-PLUS」のテナントが入っています。『A-Plus』に認定されている熱海土産を買うことができます。

住吉屋「とろけるちーずケーキ」


創業80年の菓子店住吉屋の「とろけるちーずケーキ」は、口に入れた瞬間からとろけてしまうプチチーズスフレです。
メディアでも話題の熱海スイーツで、フランス産キリーチーズと貴重な丹那牛乳を使用してこだわりの製法で作られています。

熱海土産だけではなくお取り寄せスイーツとしても大人気です。

住吉屋の熱海本店は、熱海の名所「お宮の松」近くにあり、熱海の観光客に大人気です。
温泉地で有名な湯河原、真鶴にもお店があります。

延命堂「温泉まんじゅう」温泉延命饅頭


熱海のお土産の定番「温泉まんじゅう」。
延命堂は、熱海の温泉まんじゅう発祥のお店と言われている和菓子店です。

温泉延命饅頭は、熱海の湯治客や、熱海の町の人々の延命長寿、熱海温泉の発展を願い誕生しました。
身体に優しい素材を厳選し、シンプルで素朴な味わいが人々に愛され続けています。

延命堂本店は、熱海銀座通りを登った糸川沿いにあります。

三木製菓「ネコの舌」


三木製菓ネコの舌は、『A-Plus』の第1回認定を受けている熱海を象徴する焼菓子のお土産です。

有名なフランスのお菓子「ラング・ド・シャ」を日本語に訳すと「猫の舌」。
三木製菓のネコの舌は、「口に入れたときの舌ざわりが、子猫の舌のあの感触に似ている」ということから名づけられました。

熱海土産としても猫好きさんたちにも人気のお土産です。

三木製菓駅前第一ビル店は、熱海駅のすぐ目の前にあります。

岸浅次郎商店「七尾たくあん 浅次郎漬」


七尾たくあん浅次郎漬は、大根・塩・糠のみ使い、保存料や着色料など一切加えずに漬け込んだこだわりのたくあんです。
噛めば噛むほど味が出るパリパリの歯ごたえが特徴の、熱海の名産品です。

岸浅次郎商店は熱海駅を出て右方面に徒歩8分のところにあります。

菓子の木「熱海だいだいダックワーズ」


熱海だいだいダックワーズは、フランスの焼き菓子「ダックワーズ」と熱海多賀地区の特産品「橙」がコラボした焼き菓子です。
菓子の木の看板商品で、熱海のお土産はもちろん、贈答品やお茶請けとして喜ばれています。

菓子の木 来宮店は、熱海駅から1駅の来宮駅からすぐです。

うみのホテル中田屋「走り湯 御玉」


走り湯 御玉は、伊豆最古、日本三代古泉「走り湯」の源泉で作る温泉卵です。
原材料は有精卵と源泉100%のみ。
厳選はミネラルなどをバランス良く含み、ほのかな塩味になっています。

うみのホテル中田屋は、創業200年の歴史を誇る熱海伊豆山の老舗温泉旅館です。
「走り湯 御玉」は売店、レストランでもいただくことができます。
お食事が素晴らしく、とても美味しいと評判の温泉旅館です。

まとめ

熱海ブランド『A-Plus』に認定されている熱海土産はまだまだたくさんあります。
熱海旅行、温泉でゆっくりしたら『A-Plus』からお土産を探してみてはいかがでしょうか。
熱海にふさわしい素晴らしいお土産に出会えると思います。

お気に入りの熱海土産を、お土産口コミサイトおみやげニッポンに口コミして広めませんか?

初めての方はこちらからご案内します。
banner-post


ステキな熱海土産の口コミをお待ちしてます!